スーツ・紳士服のすべて

スーツ・紳士服のすべて

スーツの着こなし、歴史などなど

Baracuta(バラクータ) G9を半年間着てみての感想

こんにちは、大分です。

 

今回は2016年の冬に購入したBaracuta(バラクータ)G9というブルゾン

を半年間着てみての感想をシェアしたいと思います。

 

 

まず、バラクータをご存じない方にブランドの説明をさせていただきます。

 

Baracutaは、1937年にイギリスで生まれたブランドです。

現在のブルゾンの原型を生みだしたブランドとして知られ、

スティーブ・マックイーンをはじめとする著名人に愛されてきました。

 

 

そんなバラクータから購入したのは、こちらの伊勢丹別注モデルG9です。

isetan.mistore.jp

 

このG9バラクータの中でも最も人気の高いもので特徴として、

 

ドッグイヤー(犬の耳)と呼ばれる独自の立ち襟

 

f:id:japgents:20170522005343j:plain

 

ラグランスリーブ

 

f:id:japgents:20170522005413j:plain

 

アンブレラヨーク(通気性確保のためのスリット)

 

f:id:japgents:20170522005437j:plain

 

裏地のタータンチェック

 

f:id:japgents:20170522005536j:plain

 

などがあります。

 

こんなバラクータG9を着てみての感想は、とにかく最高でした!

 

細かなポイントとしてはこんな感じです。

 

  • 着れるシーズンが長い
  • シルエットが意外と細め
  • 少し間違えると工場のおじさん
  • バリエーションが豊富

 

着れるシーズンが長い

 

バラクータG9は自分の感覚では、

最高気温10℃~25℃の範囲であればきることができると思います。

 

寒い時はインナーに厚手のニットを、

温かいときは白シャツ1枚でもきまります。

 

春や秋に何を着たらいいか悩む必要はなくなります

 

 

 

 

シルエットが意外と細め

 

先程紹介したように、バラクータは長い歴史をもっています。

 

しかし、昔と同じものばかり作っているわけではありません。

 

ブランドのアイコンであるG9も時代にあわせて細身のシルエットになっています。

 

自分は痩せ型のため、普段の洋服はSサイズに相当するものを着ているのですが、

バラクータのG9はMサイズで購入しました。

 

半年間まったく違和感なく着ることができました。

 

 

 

少し間違えると工場のおじさん

 

唯一の欠点をあげるとすれば、少しおじさんっぽい印象を与えてしまうことです。

 

ただこれもバラクータの魅力の裏返しなのでなんとも…。

 

おじさんっぽい印象を与えるのを避けるには、

他のアイテムを少しキレイめなものでまとめましょう

 

自分はよく少し細めのデニムと革靴を合わせていました。

 

 

 

バリエーションが豊富

 

これは着てみての感想ではなく、購入する際の感想です。

 

とにかくバリエーションが豊富です。

 

バラクータからもさまざまな色が出ていますが、

最近では他のブランドとコラボしたデザインもでています。

 

すこし現在のファッショントレンドを意識したデザインなら、

手を出しやすいのではないでしょうか。

 

 

store.united-arrows.co.jp

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

気になった方はぜひお試しください!おすすめです!

 

 

この記事にご好評頂けましたら、ぜひ他の記事も読んでみてください!

 

広告を非表示にする